流山市議会の議場が新しく生まれ変わりました~映像・音響設備を更新~

2019年10月21日

 流山市議会では、令和元年度事業として、老朽化の進んでいた議場内のカメラ、マイク、スピーカー等の映像・音響機器及び議案等の採決を行う電子採決システムを全面更新しました。これにより、議会中継などの映像が鮮明になり、より見やすくなりました。
 

 また、一般質問時に議員が提示する補助資料や議案の採決結果等を傍聴者によりわかりやすく表示するため、議場内の天井に常設のプロジェクターと150インチのスクリーンを設置するとともに、議場内に出席議員や質問残時間を表示するモニターも新設しました。

 

新設した大型スクリーン   質問席モニター
         新設した大型スクリーン                      新設した質問席のモニター

 

議場ドア上モニター
  議場入り口ドア上にもモニターを新設し、以前よりも
 「出席議員数・発言残時間」の表示が見やすくなりました

 

 

 本設備は9月5日開会の令和元年第3回定例会から運用を開始しました。

 市民の方によりわかりやすく、開かれた議会となるよう、今後も取り組んでまいります。どうぞご期待ください。