議会改革の取り組み

当市議会は、平成13年7月の地方分権検討協議会設置以降、「市民に開かれた議会」の実現のため、市議会の活性化に取り組んできました。

議会活性化の経緯画像(H28.4.6更新)

流山市議会における議会活性化の経緯(29.7.26更新)[PDF:150KB]

主な経緯

平成27年

(3月)
流山市議会報告書を作成

平成26年

(12月)
・Facebookを活用した議案等への意見募集を試行的に実施
(11月)
(9月)
(5月)
(4月)
・議会ホームページリニューアル
(1月)
 

平成25年

(1月)
 

平成24年

(10月)
 ・市議会ホームページを市のホームページから独立させ、独自ドメインを取得し、WebサイトをCMSで完全リニューアル
(9月)
(7月)
 ・議員及び議会事務局職員に1人1台タブレット端末配布
(6月)
(5月)
 ・早稲田大学マニフェスト研究所、NTTアドバンステクノロジと、「市民参加でつくるGIKAIホームページの提供を目指して」共同研究を開始
 

平成23年

(11月)
 ・本会議(一般質問時)における議場へのパソコン等の持ち込みの許可
 ・各常任委員会、特別委員会のUSTREAM中継の実施
(2月)
 

平成22年

(11月)
(9月)
 ・スマートフォンによる電子採決の実施
 ・委員会へのPC持ち込み許可
 ・議会基本条例の一部改正(反問権を行使出来る者の範囲の拡大)
 

平成21年

(5月)
 ・議会内の改選 ※役選人事OPEN会議
(3月)
 ・議会基本条例上程(議員提案)全会一致可決
 
 

平成20年

 ・一般質問の一問一答方式導入
 ・傍聴者アンケート実施
 ・専門的知見の活用
(3月)
 
 

平成19年

(4月)
  ・流山市議会議員政治倫理条例の策定
 

平成18年

(9月)
 

平成17年

(12月)
  ・議員定数の見直し(32名⇒28名へ削減)可決
(3月)
  ・対面演壇方式の導入
 

平成13年

(7月)
  ・地方分権検討協議会の設置

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

議会改革の取り組み